口の臭いは食生活によるもの?

口の臭いは実は普段の食生活が起因している場合もあるんです!
MENU

口の臭いは普段の食生活が原因?

水分

 

食事のすぐ後は、誰でも口中に残る食べ物の臭いを気にするものです。

 

ですが、歯磨きをしても何となく口内に臭いが残る。
食間でも、歯磨きをしていないような感覚がある…という方は、
少し注意が必要です。

 

口の中の臭いが気になり、かつ慢性的に虫歯がしょっちゅう発生しているような方は、
歯磨きに問題があるかもしれません。
歯科医の指示によく従って、改めて自分の歯磨き習慣を見直す必要があります。

 

ですが、歯磨きをきちんと食後にしていて、虫歯がないのにも関わらず、
口の臭いが気になると言う方は「食生活」を見直してみましょう。

 

歯はきれいにできているものの、口腔内の粘膜の調子が悪いという可能性があります。
こういった口臭の一番基本的な要因は、水分の不足です。

 

ご自分の食生活を振り返ってみた際に、
「食事の際に飲み物を一緒にとらない」「汁ものをとる機会が少ない」
「休憩時にお茶などを飲まない」という方は、全体的に食生活に水分が欠乏している疑いがあります。

 

口臭を食生活の面から改善しようと試みる場合、
臭いの強い食べ物を無理して避ける必要は特にありません。

 

より多くの水分をとることで、口腔内の唾液の分泌が正常になり、
気になる臭いが改善する可能性が高いのです。

 

それに加えて、抗菌効果の高い緑茶を頻繁に飲む習慣をつけましょう。
いつもの食生活に、まめな水分補給と緑茶習慣で、口臭を手軽に改善してみましょう。

 

>>>私が経験した口臭原因がわからない場合の対処法とは?!

 

このページの先頭へ