【プレスリリース】自己託送型太陽光発電事業の開発の連携開始について

2021.07.26

弊社グループ会社の日本エネルギー総合システム株式会社は、
東京センチュリー株式会社様と自己託送型太陽光発電事業の開発を目的に協業を開始いたしました。

両社の役割としましては日本エネルギーが太陽光発電所に関する適地の発掘、発電所の設計・施工を行い、
東京センチュリーが太陽光発電事業におけるファイナンス、事業運営等を担います。
将来的には、東京電力管内を中心に、100MWの非FIT発電所の開発を目指してまいります。

近年の脱炭素化の流れの中、需要家さまの(自己託送型)の太陽光発電所を活用した取り組みの需要が高まっております。
今後ともオフサイトによる自己託送型太陽光発電事業の拡大に注力していくと共に、本件協業を通じて
再生可能エネルギーの普及拡大に取り組み、持続的な社会の実現に貢献してまいります。
 

【会社概要】
商号 :日本エネルギー総合システム株式会社
代表取締役:黒淵 誠二
資本金:1億円
本社所在地:香川県高松市林町1964-1
TEL:087-813-5908 FAX:087-813-5909

【プレスリリースはこちら】
http://www.jpn-energy.jp/news/entry-384.html

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
info@jpn-energy.jp 担当:池田

自己託送型太陽光発電事業の開発の連携開始について


出典:日本エネルギー総合システム株式会社

 



 logo_001

ゼロFITナビは、RE100電力が運営する非FIT再エネ電源専門のポータルサイトです。
当サイトは、近年需要の高まる“非FIT” 発電所の 売買やプロジェクトを通じ、非FIT太陽光発電所を必要としている再エネ需要家と、
供給の担い手である再エネ事業者のプラットホームとして ソリューションをマッチング。
法人さまの企業経営課題を包括的にサポート、解決いたします。

 

 

 

  


ページトップに戻る