オフサイトコーポレートPPA

オフサイトコーポレートPPAとは、電力需要施設とは離れた土地に太陽光発電システムを導入し、発電した電気は送配電ネットワークを経由して電力需要施設に送る「自己託送」システムを活用した電力購入契約です。施設内への太陽光発電システムの設置が困難な需要家やオンサイト太陽光発電システムだけでは需要量が十分でない需要家向け「RE100」基準電力の自家消費を実現します。

しかしながらオフサイトの場合、グリッドコスト(託送料金)やバランシングコスト(需給調整やインバランスのコスト)もかかってきます。また、オンサイトでは免除される再生可能エネルギー賦課金もかかります。このように、コスト面での課題は残るものの、発電コストに再エネ証書を購入する必要がないため、通常の電力購入より比較的安価に「RE100」基準の電力を利用できるのは利点です。そのため、発電設備の大規模化によるコストメリットを出しやすい電力購入契約といえます。また、RE100や脱炭素社会を目指すうえでは、再エネ発電所の拡大に大きく寄与するオフサイトのPPAは国際イニシアティブからの評価も高い電力購入契約です。

オフサイトコーポレートPPA

ページトップに戻る